お役に立てると幸いなブログ

生活の中で色んな気になることを調べ、体験も交えて書いていきます。お気に召されますと幸いです!

500円玉で価値のある年号のまとめ!レアは一体何年なのか?

「500円玉のデザインが新しくなるらしいけど、

 今の500円玉にプレミアがついたりしないかな?」

「いくらで売れるのか相場が知りたい」

「価値がつく条件は?」

 

少しでも高く売りたい!

こういった疑問を解決する記事です。

 

この記事を読めば次のことがわかります。

  • 500円玉・価値のある年号は?市場相場を解説!【昭和62年がプレミア】
  • 価値のある500円玉の条件【発行枚数が重要!年号以外でも価値がつく】

 

わかりやすく一覧表にまとめて解説しているので、

簡単に読める内容になっています。

ぜひ、プレミア硬貨を見つける参考にしてください。

 

 

500円玉でレアコインは何年?価値のある年号は昭和62年!

f:id:kurotoao:20210515224103j:plain

価値のある500円玉は年号・昭和62年です。

単純に発行枚数が極端に少ないからです。

 

一週間しかなかった昭和64年でさえ、

約1600万枚が発行されています。

対して、昭和62年は277万枚と歴代でもかなり発行枚数が少ないです。

 

また、62年からは表面を鏡のように仕上げた、

プルーフ硬貨』が発行されました。

プルーフ硬貨は流通を目的として作られた硬貨ではないので、

さらに枚数が少なく希少価値が高いのです。

 

完全未使用・未使用を除き、高い価値があるのはこのプルーフ硬貨だけです。

 

昭和57年~平成11年に発行された500円玉も価値があります。

いわゆる旧500円玉です。

側面に『◆NIPPON◆500◆』と刻印されているのが特徴で、

発行年号による刻印の違いが価値を高めています。

 

各カテゴリーで一覧にしました。

あくまで参考数値なので、詳しくは専門業者などにお問い合わせください。

 

プルーフ硬貨>

昭和62年

3,000円

その他の発行年

1,500円

※昭和64年は発行されていません。

 

<完全未使用>

昭和62年

2,500円

昭和64年

2,000円

昭和57年~61年・63年

平成元年~平成6年

1,200円

平成7年~11年

1,000円

 

<未使用>

昭和62年

2,000円

昭和64年

1,500円

昭和57年~61年・63年

平成元年~平成6年

1,000円

 

<美品・並品>

 

    美品

(傷や摩耗があっても

 元の状態を保っている)

並品

(傷や摩耗が目立つ)

昭和62年

1,500円

1,000円

昭和64年

800円

600円

 

最も価値のある年号は、昭和62年のプルーフ硬貨です。

各カテゴリーで見ても昭和62年の500円玉は、額面以上が相場となっています。

上記以外の500円玉はほぼ額面どおりの価値しかないと言えるでしょう。

 

 

価値のある500円玉の4つの条件!アツいのはエラーコイン?

f:id:kurotoao:20210515224105j:plain

500円玉に限らず価値のある硬貨にはいくつかの条件があります。

  • 発行枚数が極端に少ない
  • 発行年号により刻印に違いがある
  • 不良品(エラー硬貨)
  • 記念硬貨

 

【発行枚数が極端に少ない】

毎年国の基準で決められた枚数が発行されます。

 

その年の経済動向によって大きく変わるので、

極端に発行枚数が少ない年号が存在します。

発行枚数が少なかった結果、のちに希少価値の高い500円玉になります。

 

【発行年号により刻印に違いがある】

表面の文字を筆で書いたように見える『フデ5』や、

側面にギザギザがある『ギザ10』が有名です。

 

500円玉では昭和57年~平成11年発行の年号で、

側面に『◆NIPPON◆500◆』と、刻印されているものに価値があります。

 

【不良品(エラー硬貨)】

造幣局で作られるさいに、稀に不良品がでます。

人の手によるチェックを通り抜けて出まわると、

希少性から高い価値がでます。

 

コレクターの間ではエラー硬貨と呼ばれ、プレミアがつきます。

 

<エラー硬貨>

  • 穴ずれ⇒穴が中央からずれている
  • 穴なし⇒穴が開いていない
  • 角度ずれ⇒表と裏で模様の角度がずれている
  • 刻印ずれ⇒刻印がずれてはみ出している
  • 影打ちエラー⇒反対に刻印がプレスされ鏡写しのようになっている
  • 裏写りエラー⇒反対面の刻印が映っている
  • ヘゲエラ⇒表面がめくれた状態で刻印されている

 

穴がない500円玉の場合は、

角度ずれや縁のギザギザがないエラー硬貨が存在します。

 

記念硬貨

年号以外では記念硬貨も価値のある500円玉です。

発行枚数が決まっている限定品なので、希少価値が高いのです。

 

記念硬貨(500円玉)相場>

青函トンネル開通記念

瀬戸大橋開通記念

約1,000円~2,000円

地方自治法施行60周年記念

約700円~1,700円

天皇陛下御即位記念

約1,000円~1,300円

皇太子殿下御成婚記念

約1,000円

ほかにも、長野オリンピック記念500円玉や、

関西国際空港開港記念などがあります。

 

 

まとめ

価値のある500円玉は年号・昭和62年の硬貨で、

鏡面仕立てになっている『プルーフ硬貨』がよりレアです。

 

昭和57年~平成11年に発行された旧500円玉も価値があります。

側面に『◆NIPPON◆500◆』と刻印されているのが特徴です。

 

価値のある500円玉の条件は次の4つです。

  • 発行枚数が極端に少ない
  • 発行年号により刻印に違いがある
  • 不良品(エラー硬貨)
  • 記念硬貨

年号以外でも記念硬貨やエラー硬貨は価値があり、

額面の倍以上になることもあります。

 

買い物や両替をする前に、

一度500円玉硬貨をチェックしてみてはいかがですか?