お役に立てると幸いなブログ

色んな気になることを体験も交えて調べ、書いていきます。

子育ての費用が不安ならどこかの出費を見直して節約しよう!

子育てはとにかく悩みの連続です。

そのなかでも、特に頭を抱えるのがお金ではないでしょうか?

 

「これから貯金もしていかなくちゃ」

「子供にかけるお金を節約するのは罪悪感がある」

なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

 

かくいう私も、旦那と早いときに子供を授かったため

金銭的な余裕はありませんでした。

 

けれど、

「どうせ節約するなら楽しく頑張りたい」

「節約しながら満足する生活がしたい」

と家計をやりくりしながら思うようになり 

「どうしたら節約を楽しめるだろうか?」

「子育てのどの出費を削れば良いのだろうか?」

と考えるようになったのです。

 

確かに

「子供にはたっぷりの愛情とお金をかけたい」

「子供には苦労や我慢をさせたくない」

というのが親としての本音ですよね。

 

けれど、子育てが終わるまではとても長いです。

大きくなればなるほど教育費を始め、様々な出費がかさみます。

 

子供が小さいときにがっつり節約をすれば

大きくなったときに備えて貯金ができたり

お金に余裕が生まれてのびのび子育てができるようになると思ったのです。

 

今回は、わたしの体験をもとに

子育てをしながらできる楽しい節約術をご紹介していきます。

 

「子育ての費用が不安で仕方がない」

「正直今の家計に余裕がない」

「節約しなくちゃいけないけれど、たまに虚しくなる」

そんな悩みを抱えているママは必見です。

 

是非最後までご覧くださいね。

 

 

子育て費用が不安なら洋服を工夫してみて!

f:id:kurotoao:20190606211424j:plain

私が子供にかけるお金を節約しようと思ったとき、

一番に注目したのはズバリ被服費です!

 

被服費を節約する理由は

・子供服はサイズアウトするのが早い

・子供は洋服を汚すから

ということがあります。

 

また、被服費を節約することで 

・安いのでジャンジャン洗えて洗濯物が楽になった

・子供が洋服を汚しても気にならなくなった

・洋服が小さくなってきたらすぐ買い換えてあげられるようになった

ことなどがあげられます。

 

私が被服費を節約するために実践したことを紹介します!

 

・古着屋で服を買う

古着屋では100円から500円ほどで状態の良い子供服が手に入ります。

私もはじめは「子供に古着っていいのかな?」と思っていましたが

よくよく考えたら「お下がりも言わば古着!」という結論に(笑)

 

古着屋の服は、むしろしっかりと洗ってあったり消毒されているので

安心して着せることができますよね。

 

 

・底値セールで服を買う

これは、とってもオススメの方法で

新品の服を一番お買い得に購入することができます。

 

例えば、夏の終わりには夏服が一番安い値段に値下がりしています。

そのときに、来年の夏に子供に着せたい服を買うのです。

 

子供の成長は予測しても当たらないことがあるので

少し大きめのものを購入すると良いですよ!

 

 

・要らなくなった服を再利用する

サイズアウトした服を再利用するの被服費を節約するポイントです。

例えば、腕周りがピチッとしてきたワンピース。

私は、上半身部分を切ってスカートの部分だけを残し

ゴムを通してスカートして子供着せています。

 

また、デザインが可愛いロンパースやレギンスは

細長く切って両端を縫い、リボンやカチューシャとして使います。

布から新しい形をつくよりも、ある程度ある形を基準に

服を作るほうが楽ですよ。

 

ちょっとした裁縫のやり方は、ネットで検索したり

手芸やさんのパンフレットで知ることができます。

 

 

子育てのお金が不安な方へ!おもちゃにお金をかけなくても良いかも?

f:id:kurotoao:20190606211820j:plain

おもちゃやさんにいくと、

色鮮やかで知育を唱ったおもちゃがたくさんありますよね。

「おもちゃをあげると喜ぶ顔が見たくてつい買ってしまう」

「おもちゃが発達に影響するかもしれないから、良いものを与えたい」

私はそう思ってしまっていました。

 

けれど、幼稚園の園長先生の子育て後援会にいったときに

「塾に通わせるくらいなら、手作りおもちゃで思いきり遊んだほうが

脳の発達に良い影響を与えると思います」という言葉を聞いて 

「手作りのおもちゃでも良いのか」と思えるようになりました。

 

それからは、どうしてもほしいものは中古やさんや

フリマアプリで購入したりしていますが

それ以外のものや作れそうなものは自分で作るようにしています。

 

例えば、子供が寝ながら遊べるベビージム。

寝返りをしないうちはテレビ台とダイニングテーブルに紐を結び

その下にプレイマットとベビー布団をセッティング。 

紐に、ビニール袋や100円ショップのぬいぐるみをぶら下げていました。

 

とても気に入って良く遊んでくれていたので

「手作りもいいもんだな」と思うことができましたよ。

 

また、手作りのおもちゃは大きい部品がないので

捨てるのにお金がかからないこともメリットの一つです。 

子供の成長に合わせて、作り替えたりすることもできるのが

子育て中には嬉しいポイントですよね。

 

ネット通販などで「いいな」とおもうオモチャを見て

作れそうと思ったら家にある材料をチェックして

そのあと100円ショップなどに行くと無駄なく手作りできますよ。

是非試してみてくださいね。

 

 

まとめ

今回は、子育て中にできる節約方法についてお話ししました。

 

私が節約しながら気を付けているのは

ほしいものを我慢しない節約をすることです。

 

ほしいものを手に入れるために

「もしかしたら似たようなものを作れないか?」

「探したら安く売っていたりするのではないか?」

と考えることで、楽しみながら節約することができますよ。